アーガイルディッシュ-エバーラスティングシニア-〈800g〉
5c513e85e73a25255b4a131c 5c513e85e73a25255b4a131c 5c513e85e73a25255b4a131c 5c513e85e73a25255b4a131c 5c513e85e73a25255b4a131c

アーガイルディッシュ-エバーラスティングシニア-〈800g〉

残り1点

¥2,354 税込

送料についてはこちら

*ヒューマングレード以上の高品質ドッグフード* シニア・ダイエット中の愛犬用総合栄養食 1.栄養バランスを重視したカロリー シニアにおいても大切なたんぱく源を安全な有機肉と有機植物(ひまわりの種子)でバランスよく構成しました。たんぱく質、脂肪ともウィステリア・アダルトに比べ低めに抑えており、年齢とともに愛犬の体調にあわせて手作りトッピングをされるお客様へのベースフードとしても安心してお使いいただける設計です。 2. 老化に負けない体づくり オメガ3のフラキシードオイルやブルーベリー・クロレラなどの各種ファイトケミカルで酸化に負けない体作りをサポートします。 3.認定オーガニック&手作り派のベースフードに最適 日本の有機JASとも相互認定しているオーストラリア認定機関 Australia Certified Organicから「保証」をうけたオーガニックフードです。95%以上のオーガニック原料を使用しています。 ヒューマングレードとされる商品よりも圧倒的に商品の安全性が保証されています。 〈有機認証について〉 ※有機農産物 ・堆肥などで土作りを行っている ・水耕栽培やロックウール栽培ではなく、土壌を用いた農業生産を基本とする ・環境への負荷をできる限り低減した生産方法 ・種まき、または植え付けの前2年(多年生の場合は3年)以上、禁止された農薬や化学肥料を使用していない ・遺伝子組換え技術を使用しない ※有機加工食品 ・物理的または生物の機能を利用した加工方法を用いる ・化学的に合成された食品添加物および薬剤の使用を避ける ・原材料は、水と食塩を除いて、95%以上が有機農産物・有機畜産物・有機加工食品であること ・遺伝子組換え技術を使用しない タンパク質、繊維、脂肪分のうちどれかを突出させることなく、バランスを整えていますのでそのままはもちろん、手作り食のベースフードとしてもおすすめしたい商品です。 4.グルコサミン&コンドロイチンを配合 関節、軟骨のサポートとしてグルコサミン&コンドロイチンを配合しました。 ■原材料 - Active Ingredients 有機動物性タンパク質(ラム肉、牛肉) 、有機全粒シリアル(玄米、オーツ麦、白たかきび、ミレット、大麦) 、有機植物性タンパク質(ひまわり種子) 、オメガ3&6植物性オイル(フラキシードオイル) 、ブルーベリー抽出物、ユッカ、クロレラ、グルコサミン&コンドロイチン、ビタミン&アミノ酸キレートミネラル(*1) (*1) ビタミン(ビタミンA、ビタミンB1、B6、B12、リボフラビン、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸、塩化コリン、L-アスコルビン酸、ビタミンD3、葉酸)、β-カロテン、アミノ酸亜鉛キレート、アミノ酸鉄キレート、アミノ酸マンガンキレート、アミノ酸銅キレート、ヨウ素酸カルシウム、塩化カリウム、亜セレン酸ナトリウム、アミノ酸類(アルギニン、トリプトファン、リジン、L-カルニチン)、タウリン、イオウ、クエン酸 ■成分値 - Ingredient Analysis 粗タンパク質  20%以上 粗脂肪 10%以上 粗繊維 5.6%以下   粗灰分 7%以下   水分  11%以下  カルシウム 1.5%以上 リン  1%以上    リノール酸 2%以上  オメガ6脂肪酸 2.2%以上  オメガ3脂肪酸  0.5%以上 代謝エネルギー(ME) 315Kcal/100g ■まずはじめに 1日量を2回を目安に分けて与えて下さい。 愛犬の年齢・体重・運動量・健康状態・季節により給与量は異なります。給与表を目安に加減して下さい。 ■新鮮な水をいつでも飲めるようにご用意ください。 ■初めて与える際に 従来のフードに少量ずつ混ぜて、1週間を目安に切り替えて下さい。消化管への負担をかけないようにするため、数日かけて切り替えるのがポイントです。 ■増減のポイント ■増減のポイント 一般に大型犬は6歳頃、小型犬は7歳頃から人間でいう中年期に入るといわれます。徐々に進む、代謝や免疫力の低下、内臓機能の変化に備えるために、この頃から徐々に成犬用から高齢犬用の食事に切り替えて慣らし始めるのがよいでしょう。 給与量は消費するその日のカロリー(運動量)によっても増減します。また、犬種によって加齢の進み具合も異なります。毎日の観察で体型をチェックしながら、表の給与量から10%程度加減して下さい。アーガイル・ディッシュは、愛犬の最適な給与量は飼い主さんしか分からないもの、と考えています。最初の3週間ほどは表の給与量で、その後は体型を観察しながら増減してください。